短期間での減量についての実体験と注意点

健康・栄養

おはこんにちは!

ダイエットをすると、つい短期間でスッキリ痩せたいと思いませんか?

でも、パーソナルトレーナーやお医者さんなど専門家の方々は、短期間の減量をあまりおすすめしませんよね?

では、なぜおすすめされないのか、その理由を実際の経験から紹介してみます!

 

●【結論】健康を害するから

 短期間の減量は「1か月で1~2kg」程度に抑えるのが理想的です。

肥満症診療ガイドライン2016でも、この範囲を目安にしています。

それでは、実体験も含めて、解説していきましょう!

 

●短期ダイエットの反動を経験

 短期間のダイエットはつらいものですよね。早く終わらせて、好きなものを食べたい気持ちもわかります!

私も最初はその考えで、2か月で体重を70kgから59kgまで落とした経験があります。でも、その後に大きな反動がやってきました・・・

 

●過度なダイエットの反動

具体的にどういうことかというと、私は「爆食チートデイ」という習慣にはまってしまったんです。週末になると大量の食材(お菓子やパン、揚げ物など)を買い込み、食べる限り食べ続けてしまうんですね。すると翌日には3~4kgも増えちゃうんですよ!それで反省してダイエットを再開するものの、また週末になると同じことの繰り返しです。

 

こんなルーティンが日常化してしまったんです。食費もかさみますし、やっている最中はとにかく食べ続けるだけで、何も考えられない状態になってしまいます。しかも、このサイクルが長く続いたため、結局2019年から2020年にかけてずっとこのパターンが続きました。その結果、体はヒョロヒョロとやつれてしまったんですね。その時のちょっと写真(下画像)を見てもらってもいいですか?写真ではそんなに悪くないように見えますが実際は腕などはヒョロヒョロで死にかけみたいですw。

だからこそ、短期間の減量はおすすめできないんです。健康にもよくありませんし、過食で内臓に負担がかかり、栄養不足で免疫力も低下します。実際、私も減量中にコロナに感染してしまいましたし、仕事のストレスも相まって、本当に辛い状況になってしまったんです。

 

●痩せる目的を見失うべからず

皆さんに伝えたいのは、「健康が一番」という事です。私のような痩せたのに病気になるような状況にならないように、過酷な減量は避けて、ストレスを抑えながら健康的に痩せることが大切だということです。ダイエットを始める方は、専門家のアドバイスを受けたり、最初は専門家の指導のもとで進めることをおすすめします。もちろん、予算の制約がある場合は、ストレスなく1か月で1~2kg程度の範囲で減量することができますよ!

参考文献:

肥満症診療ガイドライン2016

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/107/2/107_262/_pdf/-char/ja

コメント

タイトルとURLをコピーしました